初心者必見!金利を無視してキャッシングは語れず

キャッシング利用の検討は金利の知識が欠かせません

キャッシングの利用は金利を踏まえた返済額の把握から!

2016年09月21日 15時21分

キャッシングの利用を検討するにあたり出来るだけ低金利で月々の返済負担は抑えたいというのがホンネでしょう。

実際に月々の返済額は借入金額によって変わってきますが、仮に10万円を借入した場合ですと最低返済額は3000円〜10000円程度になると覚えておきましょう。
この最低返済額は借入する業者によって異なります。返済額が少なければ返済期間は長期化して利息を多く支払うことになりますが、地道に返したいという方には良いでしょう。

そのためには毎月の返済額の計算や、業者選びが欠かせません。一般的に消費者金融のキャッシングの返済は借入金額が10万円増えるごとに返済額が2000円ずつ増えていく場合が多いです。

銀行のカードローンは50万円程度の借入で1万円の返済額、100万円で2万円の返済額が設定されます。

例えばある消費者金融で10万円を借入したとして月々3000円返済すると仮定しましょう。そうしますと返済回数は51回にわたり、総返済額は150105円になります。では同じケースで月々の支払いを2倍の6000円返済すると仮定します。そうすると返済回数は20回になり総返済額は118930円となります。

金利負担を考えれば少しでも月々の返済額を多くすることにこしたことはありませんね。

また返済額以外にも業者を選ぶ時に気を付けたいポイントがあります。即日融資を行ってくれるかどうか、金利の無利息期間サービスを行っているかどうか、借入返済の利便性が高いかどうか、などがあげられるでしょう。

この様に金利を踏まえた返済額の把握と共に賢いキャッシングを行うには、自分の借入する状況にたいして適切な会社選びが出来るかという点にあることは間違いないでしょう。